だかひーのくらしー。

宮崎出身東京在住、だかひーの日常。

マッキー(マジック)がいつの間にかここまで進化していた。汗

 

この記事をシェアする

f:id:masa10xxxxxx:20180803082948j:plain

 

あー、どうもみなさんこんばんちわっす。

 

これまたいつものごとく、初っ端からクソしょうもない話でアレなんすけど、昨今世間を賑わしまくってる(?)ボクシング山根会長の独裁政治問題。

 

www.hochi.co.jp

 

個人的には、側から見ててもはやすげー規模の小さい北朝鮮にしか見えないんですが(汗)

 

って思ったら、やっぱ似たような感じのことを思ってる人はいた。苦笑

news.livedoor.com

 

本人は疑惑を全否定してるらしいけど、さすがに今回告発した333人が全員協力して嘘ついてるとしたら、それはそれでスゲーとは思うけど。苦笑

 

どうでもいいけど、今回の山根会長を見て思ったのはやっぱ人柄ってある程度顔に出るよね。

 

とか言ってみるー。

 

そんな感じの今日この頃。

 

だかひーです、ちーっす。

ま、それはいいとして。

 

 
 

マッキー(マジック)がいつの間にかここまで進化していた。汗

 

で、これまた全然話は変わるのですが、今日たまたまTwitterかなんかをテキトーにチェックしてたら、たまたまこんなん見かけたんすよ。

 

これ。

 

news.livedoor.com

 

ブラ株式会社は、8月2日、ダンボールに貼られたテープを裂いて開けることができるオープナーつき油性マーカー「マッキーワーク」を発売すると発表した。インク色は赤・黒2色で価格は各180円(税抜)。8月24日(金)より全国の文具取扱店にて販売を開始する。

同製品は、マッキーのキャップ部分に箱を開けるための黄色い凸型部品(ダンボールオープナー)をつけた新製品。耐久性にすぐれたプラスチックを使用しており、ダンボールに貼られたガムテープなどを簡単に裂いて開けることができる。

カッターのように刃がついているわけではないので、指を切ったり箱の中身を傷つけてしまう心配もなく、カッター持ち込み禁止の製造現場や、子供が家庭で荷物を開封する際にも安心・安全な商品だ。

マーカー部分は従来のマッキーと同じ油性インクで、ダンボールや紙への書き込みやすさは折り紙付き。箱の中身を書いて保管したり、伝票の個人情報を塗りつぶしたりと、「開ける」と「書く」の2つの機能で作業の効率を格段にアップさせてくれるマッキー新バージョンである。

 

 

まさかのマッキー(マジック)にダンボールオープナーがつくらしい…

f:id:masa10xxxxxx:20180803082535j:plain

 

マジか、ハンパねー!!

 

ってのも、やっぱたまにAmazonで何か注文したり何か宅配便的なやつが来たりするとダンボール来るんすよね。

 

ただ、そういうときに限ってハサミが見つかんなかったり(苦笑)、いちいち取りに行くのめんどくさかったりするんすよね。笑

 

ってのもあるし、個人的には引っ越しのときとかに結構役立ちそうな気がする。

 

何かダンボールにモノの名前とか書くときとかにいちいちマジックとカッターとかを持ち替えなくて済みそうだし。

 

 

あとがき

 

いやー、マジでこういうの見るたびに毎回思うんすけど、こういうありそうでなかったヤツを発明した瞬間のテンションの上がり具合はハンパなさそうな気がするんですよね。笑

 

まぁ、キングオブ手先が不器用な僕には無縁の話なんすけどね。苦笑

 

さらば。

 

今日の1曲

 NOFX - Stickin' In My Eye

www.youtube.com

Stickin' In My Eye

Stickin' In My Eye

  • NOFX
  • オルタナティブ
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes