だかひーのくらしー。

宮崎出身東京在住、だかひーの日常。

電車のオッさん鼻クソ食べすぎ問題。

 

この記事をシェアする

 

f:id:masa10xxxxxx:20180325201834p:plain

 

あー、どうもみなさんこんばんちわっす。

 

これまた、いつものごとく初っ端からクソどうでもいい話でアレなんすけど、今日朝最終回ってことで超久々に「ドラゴンボール超」観たんすよ。

 

ただ、あまりにも観てなさすぎて全然ついていけなかったけど。苦笑

 

もうちょいちゃんと観とけば良かった。汗

 

ただ、まさかの最後の最後で悟空とフリーザが協力して闘うのにはビックリしたけど。笑

 

ちなみに4月からその枠で始まるのは「ゲゲゲの鬼太郎」らしい。

 

www.youtube.com

 

いつまで昔のアニメ(マンガ)をリメイクし続けるんだ。

 

そんなに最近おもしろいマンガってないのか?汗

 

とか思ってるようなそうでもないような。

 

ちなみに今度、地上波で始めて「四月は君の嘘」(の実写版)の映画やるらしい。

 

www.fujitv.co.jp

 

クソが。

ゼッテー観ねぇ

 

だかひーです、ちーっす。

ま、それはいいとして。

 

 
 

電車のオッさん鼻クソ食べすぎ問題。

 

で、これまた全然話は変わるんすけど、今日電車に乗ってたら、たまたまめちゃめちゃ鼻クソほじってるオッさんに遭遇したんすよ。

f:id:masa10xxxxxx:20180325201834p:plain

 

人目を気にしてないのか、それとも無意識なのかは分かんないっすけど、ホント堂々と鼻クソほじってたんすよね。苦笑

 

で、その鼻クソの行く末を観察してたんすけど、さりげなーくそのまま口の中に消えていきました。苦笑

 

えー。汗

f:id:masa10xxxxxx:20180325201135j:plain

 

ってか、今日遭遇したこのオッさん以外にもこういう人に遭遇することたまにあるんすけど。笑

 

これ思ってるのは俺だけなのかわかんないっすけど、ああいう人って何故か高確率で鼻クソ食ってる気がするんすよね。

 

それか、たまにさりげなく壁とかになすりつける人もたまにいるけど。苦笑

 

そこで僕はふと思った訳ですよ。

 

鼻クソって美味いのか?汗

f:id:masa10xxxxxx:20180325112507j:plain

 

と。

 

ってか、俺たぶん食ったことないから分かんないっすけど(赤ちゃんの頃とかは記憶にないので否定はできない。苦笑)、いったいどんな味がするのかと。

 

まぁ、かと言って食わないですけど。笑

 

鼻クソを食う心理

 

ちなみに鼻クソを食う心理は何かあるのかと思って気になって調べてみました。

 

 こちらによると

xn--y8j2a2702e.com

 

鼻くそを食べる心理や原因!
すでにお伝えしております通り、
「鼻くそを食べてしまう」その一番の原因は

 

鼻くそに塩分が含まれるから

 

です。

 

マクドナルドのポテトや、ポテトチップス、枝豆、塩さば、etc...

 

人間は本当にしょっぱいものが好きですよね。

 

なぜなら、それが美味しいからです。

 

鼻くそを食べる人は、それと同じ感覚で「美味しい」と思って食べ始めるのです。

 

人間は、マズイ物、毒のある物をあえて食べ続けることはしませんが、「美味しい」と思う物は食べてしまいます。

 

これは人間の欲求なので仕方ありません。

 

 

なぜ食べ続けるのか?

それは、成長の過程において、

 

・正しくしつけされない(足りない)
・理性や自制心の欠如

 

が起きたとき、人間は鼻くそを食べ続け、いつかそれが癖になってしまいます。

 

大人(小学校の高学年~)になっても食べてしまう人は、

 

「美味しい!」という感情からではなく、

 

鼻くそをほじる ⇒ 口に運ぶ

 

この流れが癖になっている人が多いのです。

 

へー。汗

 

 

あとがき

 

ちなみにここ最近鼻クソ食った記憶のある人は、良かったら食べ物に例えるとどんな感じなのか教えてください。笑

 

なんちゃってー。

 

では。

 

今日の1曲

Pay money To my Pain 【Sweetest vengeance】

www.youtube.com

Sweetest Vengeance

Sweetest Vengeance

  • Pay money To my Pain
  • オルタナティブ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes