だかひーのくらしー

だかひーのくらしー。

宮崎出身東京在住、だかひーの日常。

1月1日~隣のやつに完敗編~

 

 

あーどうも、みなさんこんばんチワワ。

 

f:id:masa10xxxxxx:20160104232240j:plain

出典 http://peco-japan.com/50591

 

 

初っ端から可愛いチワワの画像を使って世間の気を引こうとしている、そんなずるい男

 

 

www.youtube.com

 

シャ乱Qベスト~四半世紀伝説~

シャ乱Qベスト~四半世紀伝説~

 

 

あ、これはズルい女だった。

 

だかひーです、ちーっす。

 

ま、それはいいとして。

 

 
 

 1月1日~隣のやつに完敗編~

 

前回のブログで

 

masa10xxxxxx.hatenablog.com

 

次回 「1月1日~隣のやつに完敗編~」

 

Coming soon..

 

的なことを書いたので今日はその続きを書こうかと。

 

まあ、前回のブログでも書いたように、最初全く正月実家に帰るつもりも無かったんですが、まあいろいろありまして急遽宮崎(実家)に帰ることになりまして。

 

これも前回のブログに書いたように夜中の3時頃に初詣行って帰ってきてからの、昼くらいの飛行機だったので、あまり寝ることも出来ず。

 

若干眠気まなこで羽田空港へ向かいまして、ちょちょいといろいろ手続きも済ませましていざ搭乗したわけですYO。

 

で、僕は基本飛行機に乗ると何故かトイレ行きたくなる病なので、誰にも迷惑をかけずにスッとトイレに行ける通路側のポジションを予約していたのです。

 

で、まあいざ自分の席に着こうとすると既に横2列(3列席)には既に先客が。

一つ隣にはパッと見、大学生らしき青年(何故か上下ジャージ)、窓際にはいわゆるフツーのオジさんが一人ぽつんと座っている。

 

僕も自分の席に座り、買っておいた本や音楽を聴きながら自分なりの快適な旅を過ごしていたわけですよ。

 

すると、隣の全ジャー青年もおもむろにバッグから本を取り出したんですよ。

 

何気なく横をふと見ると、なんと!!

 

 

その青年が持っていた本 

 

「チャカ・カーン(たぶんこんな感じの名前だった気がする)~真実の物語」(すんません、タイトル完全にうろ覚えです。苦笑)

 

な、なんて難しそうな本を読むんだね、チミは・・・

 

 

一方、俺がそのとき読んでいた本

 

空港で買った、オードリー若林著

 

「社会人大学人見知り学部卒業見込」

 

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込 (角川文庫)

 

 

 

なんだろう、この謎の敗北感は・・・

 

 しかもその隣の青年が読んでいた本!!

 

 

図書館のシールが貼ってるじゃないか・・・

 

 

この青年はこの飛行機のフライト時間にこんな難しそうな、しかもわざわざ図書館で借りてきたような本を涼しい顔で優雅にiphoneで音楽を聴きながら読書にふけっているにも関わらず、かたや俺は隣で空港でテキトーに買った、ただおススメコーナーに置いてあったって理由で買ったオードリー若林の本・・・

 

 

俺も横で音楽聴きながら、涼しい顔でブックカバーで背表紙をガッチガチにコーティングされた本(若林の本)を読みながら

 

 

なんかものすんごい恥ずかしい気持ちになったのはここだけの話にしといてください・・・

 

 あとがき

 

俺も図書館でも行こうかなぁ・・・恥

 

ばぁい。

 

f:id:masa10xxxxxx:20160104234823j:plain

 

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

オードリーの小声トーク 六畳一間のトークライブ

 
オードリー DVD

オードリー DVD